こころ湯

足が疲れたら足湯に、心が疲れたらこころ湯に…

【金沢】心にグッとくる街「ひがし茶屋街」 志摩で心を満たし、寒村庵とふむろ茶屋で腹を満たす

金沢の定番観光スポット「ひがし茶屋街」に行ってきたので感想と写真をアップ!

f:id:hozumi-anne:20180815154954j:plain

金沢「ひがし茶屋街」



 

 

金沢には3つの茶屋街があり、

「ひがし茶屋街」「主計街(かずえまち)茶屋街」「にし茶屋街」を

金沢三茶屋街と呼ぶそう。

観光地として一番メジャーなのは「ひがし茶屋街」。

他の茶屋街との違いは規模の大きさだと思います。

 

今回私が行ってきたのは「ひがし茶屋街」と「にし茶屋街」。 

この記事では「ひがし茶屋街」について書いていきます。

 

ひがし茶屋街に感動しました  ぼのこと申します。風流でフォトジェニックなこの街をご紹介いたします。

 

ちなみに位置的には「ひがし茶屋街」と「主計町茶屋街」は割と近いので、

時間があれば両方見に行けるみたいですよ。

 

江戸時代の街並みが残る ひがし茶屋街

 

藩政時代のお茶屋の街並みが今でも残るひがし茶屋街。

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

 

f:id:hozumi-anne:20180815132326j:plain

ひがし茶屋街の街並み1

石畳と格子戸が風情を醸し出してますね。
この格子戸は木虫籠(キムスコ)と言って、日中外から中は見えにくく、中から外は見えるという優れもの。

道の先に見えるのが卯辰山で、生い茂る緑の中から見え隠れする瓦屋根がまた美しいのでした。

夏は浴衣、冬は着物をレンタルして歩くのも楽しそう!

f:id:hozumi-anne:20180815134823j:plain

ひがし茶屋街の街並み2

石畳、木造の茶屋建築、風に揺れる柳の木、そして青い空!

こんな風情のある所に、今も人が暮らしているわけです。

もし、ここに自分が住んだら、

これが日常の風景になったら、どんな気分がするんだろう…?

なんて考えてしまいます。

さらに風景になじむオシャレなデザインの街灯が素敵。

自分がいつも住んでる所と比べると…泣!

 

非日常を感じる ひがし茶屋街のお茶屋「志摩」

 

せっかくひがし茶屋街に来たのだから、

お茶屋の建物の中を見学してみたい!

中を見学できるところは、「志摩」と「懐華楼(かいかろう)」があります。

(たぶん、この二つだと思う…)

今回は国の指定重要文化財に指定されている「志摩」に行ってきました。

入場料は一般が500円、小・中学生は300円です。

 ちなみに「懐華楼」は金沢市指定保存建造物で、入場料は750円なり。

f:id:hozumi-anne:20180815134728j:plain

国指定重要文化財「志摩」

志摩の中には非日常の世界が広がっています。

三味線やお琴といった和楽器が並び、風流な中庭から光が差し込みます。

私が行ったときは、屋根から人工的に雨を降らせ、

雨が瓦から流れ落ちる様子や、したたり落ちる音を楽しむという

ニクイ演出がされていました。

 

ふつうの家で壁がこんなに紅かったら頭がおかしくなりそうだけど、この空間では落ち着くのがすごく不思議だったよ。 

 

志摩の中にある「寒村庵」でお抹茶と和菓子を堪能

 

志摩の中にはお抹茶と和菓子が堪能できる「寒村庵」というお茶室が併設されています。

入館料とは別に、お抹茶+生菓子が700円。お抹茶+お干菓子が500円です。

入るかどうかちょっと迷ったのですが、

せっかくなので生菓子付きの方を頼んでみました。

f:id:hozumi-anne:20180815142721j:plain

志摩「寒村庵」お抹茶でいっぷく

このお茶室がまたとっても風情があって、

入って本当に良かった!!と心の中で叫びました。

f:id:hozumi-anne:20180815142907j:plain

志摩「寒村庵」和菓子

お抹茶は非常にスッキリしていて、美味しい。

生菓子は見た目もかわいいし、味はもちろん美味。

時間の流れ方が違う…というのか、

とても穏やかで、落ち着いた気持ちにさせてくれる不思議な空間。

人間て、こういう時間が必要なんだなって、感じました。

文明は生活を豊かにするけど、

心を豊かにする文化もやっぱり大事!

 

スナック菓子をバリバリ食ってないで、家でもたまにはこういう時間を持ちたいな

 

 

お麩のお店「不むろ茶屋」でスイーツとお土産タイム

 

志摩で伝統的なお茶室を楽しんだ後、

もう少しお腹を満たしたいな…ということで向かったのが、

お麩の専門店「不むろ茶屋」です。

 

f:id:hozumi-anne:20180815144017j:plain

ひがし茶屋街「不むろ茶屋」で軽食

食べたのは、みそだれ田楽麩(480円)と、

クリームぜんざい(600円)です。

みそだれ田楽は、炙った生麩に優しい甘さの白みそダレをからめた不むろ茶屋の名物。

この生麩がとっても美味しくて好き♡

クリームぜんざいのソフトクリームは、不むろ茶屋オリジナルの湯葉豆乳ソフト。

豆乳がフワッと香ってサックリとした食感。

サッパリしていてこちらも美味。

添えてあるのは白玉ではなく、こちらも生麩。

他にも麩そうめんやお雑煮、かき氷もあって色々楽しめそう。

お隣にはお土産の店舗もあったので、

そちらでお麩を購入しました。

 

生麩が買いたかったんだけど、夏だし、持ち歩けないので断念…。

金沢で買ったカワイイおみやげについてはコチラ↓

kokoroyu.hatenablog.jp

 

 

心にグッとくる街!「ひがし茶屋街」

 

ひがし茶屋街は、本当に美しく魅力的な場所でした。

季節によってまた別の魅力があるようなので、

何回も行きたくなります。 

今回訪問した「志摩」では日本文化の素晴らしさを五感で体験することができ、

非常に有意義な時間を過ごすことができました。

 

これから金沢に行かれる方や、

まだ行ったことのない方は是非行ってみてください!

オススメいたします。

 

これからもあの美しい街並みを後世に残していって欲しい!

 

 金沢についてもっと詳しくわかる記事はコチラ↓

kokoroyu.hatenablog.jp